永久脱毛の付随的効果としてのワキガ治療

###Site Name###

長年ワキガに悩んでいた人が、永久脱毛をきっかけにワキガの臭いが解消されたという事象が多数報告されています。

何気なく永久脱毛を申し込んだ当人でありましたが、永久脱毛の付随的な効果に驚きと喜びの声が多数報告されています。

ワキガの情報が欲しい方必見です

特に医療レーザー脱毛の場合は、ワキガ治療の効果が高いです。

永久脱毛に寄るワキガ治療の付随的効果は決して偶然ではなく、医学的根拠とレーザー脱毛のメカニズムによってきちんと立証されています。

現在、永久脱毛では医療レーザー脱毛が主流となっています。

医療レーザー脱毛のメカニズムは、高出力のレーザーによって毛根の母細胞を破壊します。


レーザーを照射すると毛根の細胞が破壊されるため、脇にある毛は自然と抜け落ちます。再生を繰り返すうちに毛は徐々に細くなっていき、いつの間にか再生しなくなります。
レーザーで毛根細胞を破壊した時点で、脇にあるアポクリン腺の活動が極端に低下します。

ワキガの基であるアポクリン腺の活動が低下するため、それだけ汗と皮膚の表面に存在する最近とが接触する回数が極端に減少します。

その結果、ワキガの嫌な臭いが発生しにくくなります。ワキガ治療では、アポクリン腺の除去手術が一般的です。



しかしながら、成長期のためにアポクリン腺の再生や成長が早い時には、永久脱毛に寄る治療が効果的です。



わきが治療には体質によって合うものと合わないものがあるため、手術や永久脱毛の前にしっかりと調べることが大切です。